BWF 理事 クニン・パタマ・リーズワドトラクル氏 来阪

2018年10月5日

Madam Khunying Patama Leeswadtrakul

 タイバドミントン協会の会長であり、BWF(バドミントン世界連盟)の理事でもある、マダム・パ
タマ(パタマさん)が、YONEX 杯国際親善レディースバドミントン大会 2018 に来阪されます。

image002

Executive Board of the Badminton World Federation
(バドミントン世界連盟 理事 2017 年 5 月選出)

 今回が2回目の来阪となるパタマさん。初来阪となる4年前は、この大会にタイチームのキャプテン
として参加されました。バドミントン以外にも彼女の趣味は幅広く、水泳・射撃・サイクリング・フッ
トボール・自動車レースなど多岐にわたっています。
 BWF の理事として、またタイ王室の後援を受けるタイバドミントン協会の会長として、女性のための
娯楽と競技の両方の観点からバドミントンスポーツを推進する男女共同参画委員会の副議長として活動
されています。
 昨年 9 月には、タイの女性として初めて国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーに選ばれるとい
う名誉を得ました。さらにタイオリンピック委員会の理事会メンバーにも任命されています。
 また、スポーツの分野だけでなく、音楽・芸術・文化など幅広い分野に渡って活動をされています。
2009 年より文化省文化推進部門の文化推進基金の議長をされ、2011 年からはタイのマヒドール大学
フィルハーモニーオーケストラの会長もされています。

Council Member of BWF, Khunying Patama Leeswadtrakul, visits Osaka
Khunying Patama Leeswadtrakul makes a visit to “Yonex Cup International Friendship Ladies
Badminton Tournament 2018”. This will be her second time visiting the tournament. Four
years ago, she came to Osaka to take part and compete in the tournament as the Captain of
the Thailand Team. Apart from badminton, she also likes swimming, canoeing, shooting,
cycling, playing football and car racing.
As a Council Member of BWF, Khunying Patama, also the President of the Badminton
Association of Thailand Under Royal Patronage of His Majesty the King, works as the Deputy
Chair of the Gender Equity Commission to help promote the sport of badminton for the ladies
both in terms of leisure and competition.
Also, She was elected as a Member of the International Olympic Committee (IOC), the first
Thai woman to achieve the honour. She has also been appointed the Member of the
Executive Board of the National Olympic Committee of Thailand.
In addition, she has served in a wide range of positons in music, art and culture. At the
moment, she is the Chairman of the Thailand Philharmonic Orchestra of Mahidol University
(since 2011), the Chairperson of Cultural Promotion Fund, Department of Cultural Promotion,
Ministry of Culture (since 2009), and also the Chairperson of Homeland Loyalty Club (since
2008).

印刷される場合は  こちら(PDF)をクリックして下さい。

No Comments

Comments are closed.